メガネをかけたキャバ嬢ってどうなの?

キャバ嬢として働くことを考えているメガネ女子の疑問として、「キャバクラでメガネって大丈夫?」という声が多く寄せられています。一般的なイメージからすると”メガネをかけたキャバ嬢”は想像がつきにくいですが、実際のところはどうなのでしょうか?

キャバ嬢のメガネの有無について

メガネが効果的なパターン

キャバ嬢の着るドレスとメガネは、合わせるのがかなり難しいです。相当なセンスを持つ方でない限り、プライベート用のメガネはかけないほうが無難かもしれません。メガネをかけたい場合、ドレス用のメガネを別で用意すると良いでしょう。また、ドレス着用ではないコスプレキャバクラなどでは、かえってメガネがアピールポイントになることもあります。制服を着て接客を行なう制服キャバクラやメイドキャバクラでは、むしろメガネが強みの一つとなるでしょう。コスプレ系のキャバクラはオタク趣味をもつお客様が多く来店するので、むしろメガネを着用したほうが良い場合もあります。

コンタクトが効果的なパターン

一般的なドレス着用のキャバクラで働くなら、仕事中だけメガネをコンタクトレンズに替えると良いでしょう。キャバ嬢の方に特におすすめなのが、度ありのカラコンです。カラコンはフレアドレスとの相性もバツグンなので、あなたの魅力を引き立てるのに一役買ってくれます。どのようなコーディネイトになるのか組み合わせを想像しながら、カラコンやフレアドレスをセットで選んでも良いかもしれません。

[PR]
自分に似合うメガネを!
嬉しいサービスあり♪

コンタクトレンズとメガネを使い分けよう!

女性

服装に合うかどうかで判断

一番重要なことは、コーディネイトに一体感があるかどうかです。メガネとフレアドレスを合わせて着用していても、それがマッチしているのであれば問題はありません。合わないのであれば、コンタクトレンズに変更すると良いでしょう。最近ではドレスに合うメガネやカラコンが通販でも簡単に購入できるので、ドレスを買う際には一緒に買うと良いでしょう。

レディ

昔はメガネに否定的だった

今から20年近く前には、「お客様に失礼なのでメガネでの接客はしない」という考えのお店もあったようです。もちろん、10年ほど前からそういった考えは無くなっていますが、キャバ嬢にメガネが合わないとされていたのはそれだけが理由ではありません。通常キャバクラ店内は、シャンデリアやガラスでキラキラ輝いたインテリアとなっています。そのためメガネをかけてしまうと、照明の光が反射して目元が見えなくなったり、お客様を眩しがらせてしまいます。「NGとされている」と言うより、「メガネをかけずにサービスを行った方が無難なので、かける方が少なくなった」と言ったほうが適切かもしれません。

自分に合った服装を選ぼう

ただし上記はあくまでも昔の話であり、現在ではメガネNGを掲げるキャバクラ自体殆どなくなっています。また、キャバ嬢の方によっては、お店の中で個性を出すために敢えて伊達メガネを着用している方もいるほどです。ドレスに合うメガネもかなりの種類が販売されていますし、カラコンの数もかなりのバリエーションが揃っています。そのため、ルールに縛られて選ぶのではなく、自分の容姿やお店の雰囲気と相談しながら判断すると良いでしょう。

広告募集中